レボフロックス

レボフロックス

レボフロックスは、性感染症の治療薬として有名なクラビットのジェネリック医薬品です。

ニューキノロン系の抗生剤として、主に、細菌による感染症に利用されてきました。

レボフロックスは、細菌による感染症であれば、ほとんどすべてに効果的であるため、幅広く使用できます。

レボフロックスの商品詳細

レボフロックスは、有効成分をレボフロキサシンとしています。
このレボフロキサシンが、最近の増殖を防ぎ、最終的には細菌を死滅させることで、感染症を治します。

クラミジア、淋病、尿路感染症、性病、前立腺炎、睾丸炎、膀胱炎、淋病性尿道炎、コレラ、サルモネラ腸炎、チフス、子宮内感染、バルトリン線炎など、様々な症状にレボフロックスは効果的です。

また、レボフロックスの成分は、最近の病巣への到達も早く、今まで飲み薬では治療が難しかった感染症にも効果があります。

レボフロックスの服用方法

レボフロックスは、症状によって用量が異なります。
必ず症状に合わせて服用量を増減させてください。

通常の感染症に関しては、1日1回(500mg)、水またはぬるま湯で服用下さい。

レボフロックスを服用しても、症状の緩和がみられない場合には、医師に相談してください。

レボフロックスの副作用・注意事項

レボフロックスは、規定の範囲内であれば、ほとんど副作用はないとされています。

しかしながら、レボフロックスの副作用として、稀に胃痛・下痢・嘔吐等が報告されています。

また、ごく稀に頭痛・めまい・かゆみ・関節痛の症状が報告されています。

レボフロックス服用時に、違和感などを感じたら、ただちに服用を中止し、医師の診断を受けてください。

ページの先頭へ