バルトレックス

バルトレックス

バルトレックスは、主成分をバラシクロビルとする抗ウイルス剤です。

帯状疱疹ウイルスに効果的とされ、ヘルペスウイルスにも効果を発揮してくれます。
ヘルペスウイルスの増殖を抑え、単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水痘(水ぼうそう)の治療に効果が期待されています。

バルトレックスの商品詳細

バルトレックスの有効成分バラシクロビルが、ウイルスの増殖を防ぐことで、症状を改善します。

ヘルペスウイルスは完治する事は無いと言われている為、一度治療が終わったとしても再びヘルペスウイルス増殖、再発の恐れもあります。
バルトレックスは、再発するヘルペスの再発防止・予防にもつかうことができます。

患部に痒みや痛みなどの違和感を感じたときに、バルトレックスを服用すれば、症状の進行を食い止めることができます。

バルトレックスの服用方法

バルトレックスの服用方法は、症状によって変化します。
患部の症状に合わせて服用量を増減させてください。

単純疱疹の場合、1回500mgを1日2回食後に服用して下さい。

帯状疱疹の場合、1回1000mgを1日3回食後に服用して下さい。

性器ヘルペスの再発防止のためには、1回500mgを1日1回食後に服用して下さい。
ただし、バルトレックスは効果の強いお薬であるため、あまり長期的に服用し続けるのはおすすめしません。できるだけ症状があるときに服用してください。

バルトレックスの副作用・注意事項

バルトレックスは比較的副作用の少ないお薬であるとされています。来ていないの使用であれば、重度の副作用の心配はありません。
しかしながら副作用症状として、下痢・吐き気・だるい・めまい・動悸・低血圧・鼻づまり・頭痛・眠気等が報告されています。

気になる症状があった場合、バルトレックスの服用を中止し、医師に相談をしてください。
他にも、普段から服用しているお薬がある場合は、飲み合わせの問題などもあるため、かかりつけの医師に相談をしてください。

ページの先頭へ